2009年06月06日

雨の日でもドライブにお勧め!倶知安風土館

今日の札幌は、曇り空…
こんな時は、美術館や博物館めぐりはいかがですか?

今回は、支笏洞爺ニセコルートの一ヶ所?で二度楽しめるところをご紹介しちゃいます。

倶知安にある「倶知安風土館」さん
雪形ウォッチングでお邪魔してからすっかり、ファンです。
詳しくはコチラ↓
http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/town/huudokan/huudokan.jsp

ホールの床には、空からみた倶知安町のMAPが!
航空写真の上を歩きながら見ることができるので、空中散歩気分〜
羊蹄山や川はもちろん家まで探せそう。
結構、はまって見てしまいます。

ほかにも、ちょっと懐かしい?生活用品の展示
(おばあちゃんの家で見たような…)
学校の教室(木製の小さなイスたちかわいいです)や
駅とか、ケンパなんかの遊びのコーナーなどいろいろあって楽しめます。

感動の展示物も…
ここには、ゼロ戦の着氷実験に使われていた機体の翼が展示されています。
「雪は天からの手紙である」と言った中谷宇吉郎氏(北大元教授)チームが大戦中、
ニセコアンヌプリの山頂でゼロ戦の着氷実験を行っていたそうです。
詳しくはこちら↓
http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/town/fuudokan/life_culture/zerosen.jsp
終戦後、山頂から谷間に捨てられたのを北海道新聞の記事をきっかけに
風土館の方々が、数回にわたる調査で状態を確認し回収したものだそうです。
機体が回収されるまでの詳しい資料も展示されてますよ。

もうひとつ、入口受付横にある棚には、楽しいグッズがずらっと並び
訪れた方が買ってくれるのを待っています。
これが、ユニークでかわいいのです。

DSCN0096_R1.jpg
 どうです?
 この「おとぼけ」表情・・・
 ソテツの実で作られてるそうですが
 ひとつづつ手作り、表情もみんな違うんですよ。




DSCN0097_R1.jpg
 横からだとこんな感じ
 一番、ハンサムな「くじらくん」をつれて帰ってきました。



で、お土産には

DSCN0095_R1.jpg


 一匹じゃ、寂しそうなので2匹買ってみました!
 かわいいとおもいません?こちらは、ぶたさんです。


ドングリがモチーフのものとか、種類もあるので是非!
遊びに行ってみてくださいね。
毎週火曜日定休で、火曜日が祝日の場合は翌日がお休みです。

そうそう、一ヶ所で二度楽しめるもうひとつの場所は、

お向かいの

「小川原脩記念美術館」さん
毎年のように、シーニックドライブマップでお世話になっています。
今年の“シーニックドライブマップ2009”を持っていくと入場料を
団体料金にしてもらえます。
で、ここの半券を持って「風土館」へ行くと当日に限り無料で入館できます。
とってもお得!〜

美術館のホールからは、ドドーンと羊蹄山が見えます。
(写真がないのが残念)
ホールにあるイスに座って、大きな硝子窓からゆっくりながめることが出きますよ。
小川原脩さんの素敵な絵で、心も洗われます。

この周辺には、他にも美術館があり“しりべし・ミュージアムロード”と呼ばれています。

・有島記念館(ニセコ町)
・荒井記念美術館(岩内町)
・木田金次郎美術間(岩内町)
・西村計雄記念美術館(共和町)

お気に入りの絵を探すドライブも良いですよね!

雨の日だって、大丈夫!
支笏洞爺ニセコルートをドライブしてみませんか?

(by chika)
posted by Scenicbyway at 18:50| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
新着記事